尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 19日

舞鶴公園と大濠公園

 舞鶴公園と大濠公園は隣接しているようで、併せるとかなり広い。舞鶴公園は福岡城の史跡を楽しみながら散歩できる。



舞鶴公園と大濠公園(2018年8月29日)晴れ   撮影位置
e0170058_19265954.jpg
e0170058_19265978.jpg
e0170058_19270078.jpg
e0170058_19265908.jpg
e0170058_19265979.jpg



[PR]

# by nitibotuM | 2018-09-19 19:28 | 花鳥風月 | Comments(0)
2018年 09月 18日

福岡旅行 金印 福岡市博物館

 あの有名な金印の本物。こんなに間近で、しかも写真撮影が可能とは。今回はカメラとレンズの選択ミス。もう少し接写できるものを持って行けば良かった。



福岡市博物館(2018年8月29日)晴れ   撮影位置
e0170058_17510835.jpg
e0170058_17510851.jpg

[PR]

# by nitibotuM | 2018-09-18 17:32 | 花鳥風月 | Comments(0)
2018年 09月 17日

福岡旅行 大宰府政庁跡

 いかに太宰府が力を持っていたのかが、この広大な跡からも伝わる。訪れる人も少ない静かな中で当時を想像してみる。



大宰府政庁跡(2018年8月29日)晴れ   撮影位置
e0170058_18560147.jpg
e0170058_18560104.jpg
e0170058_18560123.jpg



[PR]

# by nitibotuM | 2018-09-17 18:58 | 花鳥風月 | Comments(0)
2018年 09月 16日

福岡旅行 戒壇院

 戒壇院は隣接する観世音寺とともに三戒壇として隆盛を誇った。鑑真によって日本に仏教の戒律が伝えられたことによって、戒壇が整備されたていった。当時は上座部仏教の四分律を中心に当地でも盛んに研究されていたことであろう。ところが、最澄の提唱により梵網戒での出家が可能になると、戒律の研究は衰退していく。それ以降、日本仏教の戒律の重要性は当然低くなっていく。おそらくそう言った時代の移り変わりの中で、当地も大伽藍は姿を消していったのだと思われる。



戒壇院(2018年8月29日)晴れ   撮影位置
e0170058_12195666.jpg
e0170058_12213287.jpg
e0170058_12200241.jpg
e0170058_12200293.jpg
e0170058_12200269.jpg
e0170058_12215323.jpg
鑑真和上の供養塔(右)
e0170058_12215366.jpg
博多の豪商 天王寺屋浦了無の供養塔




[PR]

# by nitibotuM | 2018-09-16 12:29 | 花鳥風月 | Comments(0)
2018年 09月 15日

福岡旅行 観世音寺

 太宰府天満宮から程近くにある観世音寺。太宰府天満宮とは違って、こちらは訪れる人も少なくひっそりとしている。観世音寺は元々隣接する戒壇院と併せて大きな伽藍で東大寺、下野の薬師寺とともに、日本三戒壇の一つであったが、現在は、観世音寺と戒壇院は全くの別の寺院となって当時の大伽藍も姿を消したようだ。国宝の鐘楼が現存しているが、堂宇は講堂と金堂を残すのみで、往時の繁栄からすると少々さみしい。しかし、宝物は新しくできた宝蔵で保管されている。



観世音寺(2018年8月29日)晴れ   撮影位置
e0170058_18144702.jpg
e0170058_18144798.jpg
e0170058_18144751.jpg
e0170058_18144825.jpg
e0170058_18144849.jpg
e0170058_18144746.jpg



[PR]

# by nitibotuM | 2018-09-15 18:19 | 花鳥風月 | Comments(0)