尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:高知県 ( 10 ) タグの人気記事


2017年 04月 11日

四国 2泊3日の旅 その10

 岩間沈下橋を後にして、JR江川崎駅から愛媛県松山駅へ。
 江川崎駅から宇和島駅(厳密には川奥信号場から北宇和島駅の間)までのJR予土線はなんだか変わった列車が走っているようで、今回乗った列車も「かっぱうようよ号」というその名の通り、カッパのフィギュアやセンサーでしゃべる大きなカッパなど、列車内にカッパの展示が多数あった。そういったのも影響しているのか、ワンマン列車にもかかわらず外国人の乗車率が高かった。今度は宇和島駅に到着すると0系新幹線をイメージした列車が停車中だった。とりあえず見かけた列車はこの2両だったが、他にも変わった列車があるのだろうか。
 宇和島駅で特急に乗り換えて松山駅へ向かい、さらにそこから路面電車に乗り換えて本日の宿泊先、道後温泉へ



江川崎駅から松山駅(2017年3月28日)晴れ
e0170058_17093106.jpg
e0170058_17093227.jpg
e0170058_17093288.jpg
e0170058_17093271.jpg
宇和島駅に停車中の0系新幹線列車
e0170058_17093387.jpg
e0170058_17093155.jpg
e0170058_17100210.jpg
松山駅に到着
e0170058_17100232.jpg
e0170058_17100243.jpg




[PR]

by nitibotuM | 2017-04-11 17:14 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 04月 10日

四国 2泊3日の旅 その9

 勝間沈下橋から次は今回最後の沈下橋となる岩間沈下橋へ。
 この岩間沈下橋は今回見た沈下橋の中では一番の見応えがあった。周りの景観も素晴らしいが、この時期は菜の花が咲き彩りを添える。
 岩間沈下橋の後はJR江川崎駅から愛媛県松山駅へと向かう。



岩間沈下橋(2017年3月28日)晴れ    撮影位置
e0170058_12502007.jpg
e0170058_12501931.jpg
e0170058_12502049.jpg
e0170058_12502035.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2017-04-10 12:52 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 04月 09日

四国 2泊3日の旅 その8

 高瀬沈下橋から次は勝間沈下橋へ。
 今回の写真では分かりにくいが、この勝間沈下橋は四万十川の沈下橋の中で、唯一橋脚が3本で作られたているそうだ。この時期は菜の花も咲いて風情がある。
 勝間沈下橋から次は今回最後の沈下橋になる岩間沈下橋へ。



勝間沈下橋(2017年3月28日)晴れ    撮影位置
e0170058_14232765.jpg
e0170058_14232882.jpg
e0170058_14232615.jpg
e0170058_14232682.jpg
e0170058_14232792.jpg
e0170058_14232760.jpg
e0170058_14233162.jpg






[PR]

by nitibotuM | 2017-04-09 14:27 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 04月 08日

四国 2泊3日の旅 その7

 「入田ヤナギ林 菜の花まつり」から高瀬沈下橋へ。
 四万十川には多くの沈下橋がある。訪れた日は川の流れも穏やかだったので、この様子からは信じられない光景ではあるが、増水するとこの橋が見えなくなるほどの水量になるというから驚きである。そして、当然この橋は生活の橋であるから車が通るのだが、これまた細い橋なのですれ違いは難しそうで、できれば通りたくないように思うが、地元の人たちは普通に車で通過していく。これも慣れなのであろう。
 高瀬沈下橋の次は、勝間沈下橋へ向かう。



高瀬沈下橋(2017年3月28日)晴れ    撮影位置
e0170058_15154568.jpg
e0170058_15154528.jpg
e0170058_15154517.jpg
e0170058_15154682.jpg
e0170058_15154473.jpg






[PR]

by nitibotuM | 2017-04-08 15:23 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 04月 07日

四国 2泊3日の旅 その6

 2日目は宿泊先を出発して高知駅から特急に乗って中村駅へと向かって、そこから「入田ヤナギ林 菜の花まつり」へ。
 今年の菜の花まつりのイベントは終了したようだが、寒さの影響か、まだ十分に菜の花は見頃だった。しかし、これだけ広い場所に菜の花が咲いているところは初めて見た。周りの風景と菜の花が調和した自然の美しさは見応えがある。次のバスに乗る時間の関係で10分程しか見ることができなかったのは実に残念。でも、最初はバスの時間に間に合わないかもしれなかったので訪れるのを諦めていたが、わずかの時間ではあったが無理して訪れて良かった。お勧めできる場所だ。
次は高知西南交通の「四万十川バス」に乗車して高瀬沈下橋へ


入田ヤナギ林(2017年3月28日)晴れ    撮影位置
e0170058_12403339.jpg
e0170058_12403444.jpg
e0170058_12403432.jpg
e0170058_12403588.jpg
e0170058_12403536.jpg
e0170058_12403316.jpg
e0170058_12411716.jpg
e0170058_12411739.jpg






[PR]

by nitibotuM | 2017-04-07 13:04 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 04月 06日

四国 2泊3日の旅 その5

 高知城から宿泊先のホテル日航高知 旭ロイヤルへ。さすがに22階にあるレストランからの眺めは良い。まだ、時期は早かったがホテルの北側に隣接して桜並木があるので、満開になると綺麗だろう。
 翌日は、高知駅から中村駅へと向かって、「入田ヤナギ林 菜の花まつり」へ行く。



ホテル日航高知 旭ロイヤル(2017年3月27、28日)曇り時々晴れ    撮影位置
e0170058_18524311.jpg
客室からの夜景
e0170058_19110763.jpg
レストランからの遠望
e0170058_18524407.jpg
e0170058_18524477.jpg





[PR]

by nitibotuM | 2017-04-06 19:13 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 04月 05日

四国 2泊3日の旅 その4

 桂浜から高知城へ。思ったよりも桂浜から高知城まで移動に時間が掛かったので、最終入館の16:30に間に合うかドキドキしながら天守まで駆け上がる。少々駆け足だったので疲れたが、天守も無事見学して、次は本日の宿泊先へ



高知城(2017年3月27日)曇り時々晴れ    撮影位置
e0170058_15041334.jpg

e0170058_15042183.jpg

e0170058_15041435.jpg

e0170058_15041326.jpg

e0170058_15041311.jpg

e0170058_15041472.jpg

e0170058_15041203.jpg

e0170058_15042060.jpg



 
 

[PR]

by nitibotuM | 2017-04-05 15:06 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 04月 04日

四国 2泊3日の旅 その3

 五台山から「MY遊バス」を利用して桂浜へ。さすがは高知有数の観光地とあって美しい海と砂浜が広がっている。龍馬の銅像付近では、どうやら特別展望台のためと思われる足場が組まれていた。
 次は桂浜から高知城へ。帰りは「MY遊バス」ではなく、特典の片道分だけ利用できる路線バスを利用して高知城へ向かった。その方が五台山を経由しないため「はりまや橋」方面へ早く戻ることができる。



桂浜(2017年3月27日)曇り時々晴れ    撮影位置
e0170058_18363191.jpg
e0170058_18363096.jpg
e0170058_18370665.jpg
e0170058_18363112.jpg
e0170058_18364218.jpg

車窓から
e0170058_18363126.jpg






[PR]

by nitibotuM | 2017-04-04 18:55 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 04月 03日

四国 2泊3日の旅 その2

 アンパンマン列車「南風3号」で高知に到着。到着後は高知市内の観光(特にバスで桂浜や五台山へ向かう場合)がお得になる「MY遊バス」を利用して、最初に五台山へと向かった。
 この高知の五台山は中国にある五台山と地形が似ていたため、行基によって命名されたようだ。頂上付近には公園と展望台、竹林寺、県立牧野植物園などがある。竹林寺は四国霊場第31番札所で、中国の五台山に倣ってか本尊は文殊菩薩で学問の道場になっているようだ。
 今回はバスの乗り継ぎの関係で、展望台と竹林寺に寄ることにした。そして、「MY遊バス」を利用して次は桂浜へ向かう。



五台山(2017年3月27日)曇り時々晴れ    撮影位置
e0170058_10090085.jpg
五台山公園の展望台
e0170058_10090178.jpg
e0170058_10090148.jpg
e0170058_10090049.jpg
e0170058_10090115.jpg
竹林寺
e0170058_10094105.jpg
e0170058_10094164.jpg
e0170058_10094129.jpg
e0170058_10094290.jpg
竹林寺庭園
e0170058_10094271.jpg
e0170058_10094229.jpg
e0170058_10094874.jpg





[PR]

by nitibotuM | 2017-04-03 10:20 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 04月 02日

四国 2泊3日の旅 その1

 今回、2泊3日での旅ということは決めていたのだが、旅先を四国にするか、山陰にするかで随分と悩んだ。結果、最終的には当日の天気や子供たちが電車で行きたいというので、今回は四国へ行くこととなった。
 電車での旅になるので、JR東海が発売している「四国たびきっぷ」を利用して行くことにした。この切符は、有効期間5日間以内で、名古屋市内から岡山までの新幹線の往復とさらにそこから四国の在来線が乗り放題(特急自由席可)となり、四国を数日間電車で移動する人にはお得な切符だ。ただ、この「四国たびきっぷ」の料金は大人28,800円、小人14,400円と結構高額で、通常の切符で名古屋と四国の主要都市との往復料金とそんなに変わらないので、1泊2日程度ではあまり元が取れそうがないところは注意が必要。つまり、名古屋と四国の往復だけではあまり魅力的ではなく、四国内を電車(基本的にはJR)でどれだけ移動するかでお得さが変わるといえる。今回は2泊3日で、電車移動の旅なので「四国たびきっぷ」を利用した方がお得になる計算だ。
 
 出発日、地下鉄と在来線と新幹線でまずは岡山へ向かう。さらに岡山からはアンパンマン列車「南風3号」に乗り換えて昼前に高知に到着。到着後は高知市内の観光がお得になる「MY遊バス」を利用して、最初に五台山へと向かう。



名古屋から高知へ(2017年3月27日)曇り時々晴れ
e0170058_18103220.jpg
車窓から虹
e0170058_18103202.jpg

車窓から姫路城
e0170058_18103251.jpg
アンパンマン列車で岡山から高知へ
e0170058_18103395.jpg
瀬戸大橋を通過
e0170058_18103261.jpg
e0170058_18104418.jpg
e0170058_18104462.jpg
大歩危、小歩危を通過
e0170058_18104568.jpg
e0170058_18104552.jpg
高知に到着
e0170058_18104542.jpg
e0170058_18105248.jpg
e0170058_18104634.jpg
e0170058_18105244.jpg





[PR]

by nitibotuM | 2017-04-02 18:38 | 花鳥風月 | Comments(0)