尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:紅葉 ( 35 ) タグの人気記事


2017年 12月 03日

丈山苑のライトアップ

安城市にある丈山苑。以前、昼間に訪れたことはあるが、ライトアップは初めて。ライトアップの期間は短いようだ。それもあってか、訪れている人は割と多い。



丈山苑(2017年12月2日)晴れ    撮影位置
e0170058_18313669.jpg
e0170058_18313621.jpg
e0170058_18314424.jpg
e0170058_18314499.jpg
e0170058_18313544.jpg
e0170058_18313512.jpg
e0170058_18313584.jpg
e0170058_18313405.jpg
e0170058_18314307.jpg






[PR]

by nitibotuM | 2017-12-03 18:33 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 11月 28日

寸又峡の紅葉

 以前から訪れてみたかった寸又峡。ところが名古屋からは距離もあり、なかなか予定が合わなかった。今年も無理かと思っていたが、丁度行けそうな日と子供たちの代休が重なって、子供たちも一緒に行くことができた。
 まず、寸又峡へは名古屋からだと新東名の島田金谷で降りるのが一般的だと思うが、そこから先がなかなか遠い。平日ということもあってか渋滞は全くなかったが、途中の国道、県道は細い箇所が多いので思った以上に時間が掛かる。また、平行するように国道、県道が走っているようで、どこをどう走っているのか全く分からなかった。結局どの道で行くのが早いのだろうか。
 また、寸又峡付近は道が細いので、あまり奥には行かずに市営の駐車場に止めることにした。特に待つことはなかったが、この時期は500円の駐車料金が掛かるようだ。そして、駐車場から「夢の吊り橋」へは、ひたすら歩くことになる。まぁ、そうはいっても吊り橋の近くまでは、そんなに起伏はないので心配は無いが、吊り橋を渡る前後はそれなりにきつい高低差がある。この時期は吊り橋は一方通行になっているので、特に渡りきった後にある300段ほどの階段は結構厳しい。その後は平坦な道だが、吊り橋を渡ると「飛龍橋」を通って元の場所へ戻るかたちになるので、それなりの距離を歩くことになる。おおよそ、ぐるっと回って2時間の1万歩強ぐらいだった。かなり良い運動にはなる。子供たちも疲れたとは言っていたが、思った以上に吊り橋が楽しかったようだ。


寸又峡(2017年11月27日)晴れ時々曇り    撮影位置
e0170058_15221238.jpg
e0170058_15221287.jpg
e0170058_15221299.jpg
e0170058_15221353.jpg
e0170058_15221378.jpg
e0170058_15221355.jpg
e0170058_15243253.jpg
e0170058_15243275.jpg
e0170058_15243203.jpg
e0170058_15243238.jpg
e0170058_15250208.jpg
e0170058_15263100.jpg
e0170058_15263133.jpg
e0170058_15263296.jpg






[PR]

by nitibotuM | 2017-11-28 15:32 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 11月 15日

大龍寺 ドウダンツツジの紅葉

 今年の春にも訪れた大龍寺。境内には驚くほどの数のドウダンツツジが植えてある。春の花の時期も美しいが、紅葉も美しい。若干、見頃を過ぎたところもあったが、まだまだ楽しめそうだった。



大龍寺(2017年11月15日)晴れのち曇り    撮影位置
e0170058_19063585.jpg
e0170058_19063575.jpg
e0170058_19070486.jpg
e0170058_19063570.jpg



[PR]

by nitibotuM | 2017-11-15 19:10 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 11月 09日

白鳥庭園

 朝晩は寒くても日中は過ごしやすい。今日は素晴らしい快晴で午後から時間があったので、紅葉し始めた白鳥庭園へ。そろそろこの地方でも紅葉の見頃を迎える所が多そうだが、今年はどこの紅葉を見に行くことができるだろうか。



白鳥庭園(2017年11月9日)晴れ    撮影位置
e0170058_17225832.jpg
e0170058_17225893.jpg
e0170058_17225712.jpg
e0170058_17225720.jpg
e0170058_17225874.jpg






[PR]

by nitibotuM | 2017-11-09 17:33 | 花鳥風月 | Comments(0)
2016年 11月 23日

白鳥庭園のライトアップ sanpo

 今年は寒暖の差が激しく調節が難しい。このところは暖かい日が続いていたが、紅葉は名古屋市内でも見頃を迎えている。近くの白鳥庭園に子供たちとライトアップを見に行ってきた。平日ではあったが結構たくさんの人で賑わっていたが、紅葉の具合は木によって差が大きかった。それでも綺麗なライトアップは楽しめた。




白鳥庭園(2016年11月22日)晴れのち曇り     撮影位置
e0170058_18424577.jpg

e0170058_18424427.jpg

e0170058_18424612.jpg

e0170058_18423212.jpg

e0170058_18423487.jpg

e0170058_18424582.jpg

e0170058_18424530.jpg

e0170058_18423236.jpg

e0170058_18423368.jpg

e0170058_18423271.jpg

e0170058_18423192.jpg

e0170058_18424420.jpg






[PR]

by nitibotuM | 2016-11-23 18:48 | 花鳥風月 | Comments(2)
2016年 11月 19日

川見薬師寺

 「川見四季桜の里」と「市場城址」で四季桜と紅葉の観賞の時に「川見(せんみ)薬師寺」にも寄った。
 この「川見薬師寺」は、「川見四季桜の里」に隣接しており歩いて行ける。ただ、本堂まで行くには結構きつい階段が(一応スロープも)ある。境内は紅葉が見頃で綺麗だったが、四季桜の数は多くないようだ。


川見薬師寺(2016年11月16日)晴れ     撮影位置
e0170058_18051056.jpg
e0170058_18051178.jpg
e0170058_18051183.jpg
e0170058_18051002.jpg
e0170058_18051093.jpg
e0170058_18050912.jpg







[PR]

by nitibotuM | 2016-11-19 18:11 | 花鳥風月 | Comments(0)
2016年 11月 18日

市場城址の四季桜

 「川見四季桜の里」から、もう1つの四季桜のスポット「市場城址」へ。
 こちらは四季桜が200本と「川見四季桜の里」に比べれば確かに少ない。しかし、こちらは四季桜の数にも負けぬ雰囲気がある。石垣も綺麗に残り当時の様子も窺い知ることは出来るが、木々に覆われた所も多く、すれ違う観光客もほとんどいない。ここには静けさしかなく、城があったとは到底感じさせない。まさに「兵どもが夢の跡」。しかし、この時期は城址に四季桜と紅葉が彩りを添える。この美しい彩りを当主であった鱸氏が見るはずもないが、この僅かな期間の華やかさは当時の賑わいを想像させる。実に美しかった。実際にその場で感じる美しさを写真に表現できる技量も無いが、ゆっくりとこの場所にいたくなる。そんな場所だった。



市場城址(2016年11月16日)晴れ     撮影位置
e0170058_16124378.jpg

e0170058_16124437.jpg

e0170058_16124451.jpg
e0170058_16143687.jpg
e0170058_16124616.jpg
e0170058_16280295.jpg
e0170058_16124684.jpg
e0170058_16124700.jpg
e0170058_16124859.jpg






[PR]

by nitibotuM | 2016-11-18 16:35 | 花鳥風月 | Comments(0)
2016年 11月 17日

川見四季桜の里

 豊田市小原町にある「川見(せんみ)四季桜の里」へ。
 ここでは秋にも咲く珍しい四季桜を見ることが出来る。四季桜は名古屋市内でも所々で見ることはあるが、ここまで四季桜が大規模に咲く場所は他に知らない。ただ、驚いたのは、この小原の四季桜の起源は名古屋方面から移植されたものだとか。てっきり小原の方がオリジナルだと思っていったが、そうではないようだ。この小原町では、至る所で四季桜が咲いており、この「川見四季桜の里」以外でも見ることは出来るが、ここは1200本の四季桜があると言われているので、もっとも見応えがあるといえる。確かに10年ほど前に他で見た時よりも四季桜が密集しているので、山を覆う四季桜の白さは際立っている。また、この時期は桜だけではなく、紅葉も併せて見られるので、赤白黄と、まさに色彩美だ。更に四季桜は光や角度によって白やピンクにも見えるので、見る方向や時間の違いでも楽しめる。
 小原の四季桜と紅葉は、愛知県でも有名な紅葉スポットではあるが、何カ所かに分散していることもあってか、香嵐渓などに比べれば恐らく混雑はしていない。今回は平日の昼前に訪れたが、特に渋滞もしていなかった。土日ともなればそれなりに混雑は覚悟しなければいけないだろうが、一見の価値はあると思う。まだ、もう少し見頃は続くと思われるのでお勧め。
 「川見四季桜の里」からの帰りに、小原町にあるもう1つの四季桜のスポット「市場城址」に寄った。




川見四季桜の里(2016年11月16日)晴れ     撮影位置
e0170058_17015172.jpg
e0170058_17015166.jpg
e0170058_17002751.jpg
e0170058_17002756.jpg
e0170058_17002819.jpg
e0170058_17002013.jpg
e0170058_17002182.jpg
e0170058_17000829.jpg
e0170058_17000870.jpg
e0170058_17000915.jpg
e0170058_17000936.jpg
e0170058_17001069.jpg
e0170058_17001024.jpg
e0170058_17000662.jpg
e0170058_17000730.jpg
山頂を目指して歩く。やはり下から見た方が桜は綺麗。
e0170058_16594643.jpg
e0170058_16594706.jpg
e0170058_16594775.jpg





[PR]

by nitibotuM | 2016-11-17 17:39 | 花鳥風月 | Comments(0)
2016年 10月 28日

神坂峠の紅葉 sanpo

 神坂峠(みさかとうげ)は、岐阜県と長野県の県境にある峠で、古代においては東山道の交通の要所であり難所でもあった。現在、この神坂峠へは岐阜県側からは、林道大谷霧ヶ原線を利用して車で行ける。長野県側からは「ヘブンスそのはら」のロープウェイなどを経由して行ける。
 今回は岐阜県中津川市から林道を利用して峠付近まで行くことにした。ただ、この林道は細く状態が悪い箇所もあるので注意が必要。峠付近には数台の駐車スペースがある。そして、そこから更にその先にある富士見台高原へと向かった。
 神坂峠から富士見台高原へは2つのルートがあるのだが、行きは展望の良い「パノラマルート」、帰りは一般的なルート思われる「萬岳荘」経由のルートとした。
 まずは、神坂峠から「パノラマルート」の写真を掲載する。ただ、この「パノラマルート」は確かに景色は良いが、道が細く急な箇所もあるので小さい子供は行かない方が良いと思う。この細いルートを通過すると、もう1つのルートと合流して富士見台高原へ向かう。




神坂峠の紅葉(2016年10月27日)晴れ     撮影位置
e0170058_17270127.jpg
e0170058_17245897.jpg
e0170058_17245906.jpg
e0170058_17250045.jpg
e0170058_17250037.jpg
さらに「パノラマルート」を進む
e0170058_17250055.jpg
e0170058_17250134.jpg
e0170058_17250173.jpg
e0170058_17250303.jpg
e0170058_17250393.jpg
e0170058_17250350.jpg



[PR]

by nitibotuM | 2016-10-28 17:57 | 花鳥風月 | Comments(0)
2015年 12月 09日

東公園の紅葉

 今年は、12月に入ってもまだ日中は風さえなければ暖かい。この東公園も紅葉は、まだ見頃が続いている。訪れたのは平日だったが、幅広い年齢層の人たちで賑わっていた。



東公園(2015年12月8日)晴れ    撮影位置
e0170058_17445491.jpg

e0170058_17451337.jpg

e0170058_17445968.jpg

e0170058_17452310.jpg

e0170058_1746988.jpg

e0170058_17461739.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2015-12-09 17:49 | 花鳥風月 | Comments(0)