尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:伝馬町 ( 14 ) タグの人気記事


2009年 03月 26日

熱田元服の式略(あつたげんぷくのしきりゃく)

『尾張名所図会』の熱田元服の式略
e0170058_20344915.jpg
 熱田の西浦、東浦の若者は初午の日に元服して童名を改めた。その儀式には昨年元服した若者を招待するが、招待された若者は異様な髪を結い、日中に提灯を持たせる。招待側から出迎えに行った大勢の取持を前後にしたがえ、道程わづか4、5丁の間を昼間から暮れ方に其の家に着くように、蟻のように歩く。途中で我がままを言って、取持の者を困らす。例えば小石1つをみて大きな岩があるといい、水のこぼれた所を深い河があるので渡れぬという具合である。その都度、大勢で石を掘り取り、水に板で橋をわたした。こんな奇習があった。     『熱田区の歴史』より
[PR]

by nitibotuM | 2009-03-26 20:52 | 尾張名所図会 | Comments(0)
2009年 03月 25日

築地楼上の遊興(つきじろうじょうのゆうきょう)

『尾張名所図会』の築地楼上の遊興
e0170058_2013518.jpg
 田楽 つき出しのはちのさかなも熱田がたみどころ多き宮の浜やき


築地楼上の遊興
 宮の遊里は神戸、伝馬、築出の3カ所あった。神戸、伝馬、築出の順番にランクがあった。特に一番ランクの高い神戸の中でも鯛屋、永楽屋、駿河屋は三大妓楼と呼ばれ、江戸末期の文化2年(1805)頃には江戸、京、大坂までその名が知られていた。   『史跡 あつた』より



当時、三大妓楼があった神戸を望む
e0170058_20281386.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2009-03-25 20:28 | 尾張名所図会 | Comments(0)
2009年 03月 23日

年魚市潟(あゆちがた)

『尾張名所図会』の年魚市潟
 愛知郡の海辺(現在の名古屋市熱田区から南区)のことを年魚市潟と呼んでいるが、古歌には知多の浦や氷上(現在の緑区大高町)あたりも含まれている。したがって、年魚市潟は熱田から知多のあたりまでを含むことになる。年魚市潟が紀伊国の名所とあったりもするが、『日本書紀』をみると年魚市はここの地名であることは確かである。



現在の年魚市潟(名古屋市熱田区伝馬町)
e0170058_1959355.jpg
 年魚市潟は熱田区から緑区の範囲に広がっていた遠浅の海岸線のことを指していたと思われる。しかし、現在、年魚市潟と呼ばれていた範囲は新田開発などによって陸地となっている。この年魚市潟は『万葉集』に「年魚市潟 潮干(しほひ)にけらし 知多の浦に 朝こぐ舟も沖に寄る見ゆ」とあり、その歴史は古い。この「年魚市(あゆち)」は「愛知(あいち)」の語源になったと言われている。また、熱田(あつた)の語源も年魚市潟(あゆちがた)が由来であるとする説もある。



年魚市潟勝景跡の碑(白毫寺)     眉間山白毫寺の位置
e0170058_20204312.jpg

e0170058_20211552.jpg
 白毫寺から現在は全く海は見えはないが、古代、このあたりまで海岸線が来ており海が見渡せたと思われる。また、『万葉集』には、高市連黒人(たけちのむらじくろひと)が現在の名古屋市南区桜本町あたりの年魚市潟で詠んだと思われる歌も残されている。(上知我麻神社を参照)
[PR]

by nitibotuM | 2009-03-23 20:30 | 尾張名所図会 | Comments(0)
2009年 03月 17日

寝覚里(ねざめのさと)

『尾張名所図会』の寝覚里    寝覚里(東浜御殿)の歴史的な位置
e0170058_17545733.jpg
 寝覚の里は尾張か美濃にあるが、熱田の東浜御殿のところもその場所である。東浜御殿の東は、大きい松の木があり、櫓を「ねざめの櫓」(寝覚楼)といって、名前の名残がある。


『名古屋市史』には次のようにある。
 寝覚の里は1.浜の鳥居の東 2.片町東御殿の地 3.知多郡名和村(寝覚の字あり) 4.熱田より鳴海宿までの浦づたい 5.松風の里の別称 などと伝えられている。しかし、古歌にある寝覚は信濃の寝覚の床か美濃の寝覚の里を詠むことが多い。



現在の寝覚の里
e0170058_19121097.jpg
 写真は、当時東浜御殿(『尾張名所図会』での「寝覚の里」の推定地)があったと思われる範囲を撮影したものである。
 その他、『名古屋市史』にあるように「寝覚の里」は、色々な場所が推定されている。この「寝覚の里」の由来であるが、写真の場所の場合は『名古屋市史』に徳川光友が東浜御殿から望む遠くの景色が目覚める心地がするからとあるが、いまいち分からない。また、『名古屋市史』の3つめの場所として、名和村(現在の東海市名和町)をあげているが、現在でも「寝覚」という地名が残っている。そこには石碑があり、名和の寝覚の里の由来を「千八百年の昔、倭武天皇の火上の行在所に坐しし時、朝な朝なに海潮の波音に、寝覚し給ひし方なる故」と記している。以上のように、「寝覚の里」と言われるところは多くあるが、その由来や元々の場所も分からないことが多い。


名和町の寝覚の里(石碑は名古屋市緑区大高町にある)
e0170058_19515435.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2009-03-17 19:56 | 尾張名所図会 | Comments(0)
2009年 03月 16日

東御殿(ひがしごてん)

『尾張名所図会』の東御殿(右に半分)    東浜御殿の歴史的な位置
e0170058_1849257.jpg
 浜の鳥居の東にあって、御茶屋御殿とも言う。もと海禅院があったが、延宝六年(一六七八)に海禅院を旗屋に移して、そこに東御殿を造営した。高塀や隅櫓があって城郭のようである。


『名古屋市史』には次のようにある。
 寛永元年(一六二四)に徳川義直によって造営された。(年号は確証なし)そして、東浜御殿の西の櫓は、桑名城に相対して「桑名櫓」と呼ばれていた。東の櫓は「寝覚楼」と呼ばれ、この地を「寝覚の里」と言う。
 また、寛永十一年(一六三四)、徳川家光が上洛の帰路にこの東浜御殿に宿泊している。
 なお、『尾張名所図会』に延宝六年(一六七八)、海禅院を移して、東浜御殿を造営したとあるのは、時代的に無理がある。


『名古屋市史』の東浜御殿
e0170058_19522994.jpg


『張州雑志』の東浜御殿
e0170058_19514977.jpg



現在の東浜御殿(推定)     東浜御殿の推定位置
e0170058_19591928.jpg
 現在、東浜御殿があったと思われる場所には、面影を残すものはない。また、東浜御殿の推定場所であるが古地図などから推定すると、おそらく内田町から国道247号を挟んで伝馬1丁目の一部までだと思われる。おおよそ写真の範囲が東浜御殿を見渡せる位置であったと思われる。
[PR]

by nitibotuM | 2009-03-16 20:20 | 尾張名所図会 | Comments(0)
2009年 03月 14日

実相院(じっそういん)

『尾張名所図会』の実相院
 中道町(現在の伝馬一丁目)にあって、真言宗の寺院である。長野村(現在の稲沢市)の万徳寺の末で、永禄十二年(一五六九)に加藤図書助順政(かとうずしょのすけのぶまさ)が建立した。本尊は不動明王で、脇壇に如意輪観音を安置する。この尊像はもとここにあった如意輪寺の本尊であった。この寺は延享四年(一七四七)に知多郡平島村(現在の東海市)に移った。



『名古屋市史』には次のようにある。
 山号は連台山で、初め伝馬町にあった。創建は加藤図書助順政ではなく順盛(のぶもり)である。延享四年に如意輪寺(実相院の末)が知多郡平島村に移って、宝暦元年(一七五一)に実相院が如意輪寺のあった場所に移った。



歴史的な実相院の位置
e0170058_20221154.jpg
分かりにくいが、ほぼ中央(伝馬町と書かれた下)の卍の記があるところが実相院の位置




現在の実相院    実相院の位置
e0170058_202645100.jpg
 真言宗豊山派の寺院。歴史的な中道町という地名は現在無く、伝馬1丁目と改められた。
[PR]

by nitibotuM | 2009-03-14 20:32 | 尾張名所図会 | Comments(0)
2009年 03月 08日

大師井(だいしのい)

『尾張名所図会』の大師井
 築出町の東にある。弘仁年中、弘法大師がこの地に九井を掘った一つがここにある。


『名古屋市史』には次のようにある。
 (一)一色ノ井(築出町) (二)神輿洗ノ井(伝馬町宿) (三)来光ノ井(須賀町来光寺) (四)長橋ノ井(布曝女町) (五)特称不詳(田中町福寿院 通称 泉坊) (六)特称不詳(木ノ免町白山神社前) (七)特称不詳(大瀬子町) (八)特称不詳(布曝女町喜見寺) (九)特称不詳(神戸町 上知我麻神社南十間)



現在の大師井
 当時、熱田区の南部は海岸に接していたため井戸を掘っても塩分を含んでいることが多かったようで、飲料に適さないことが多く、良質な水の出る大師井は重宝された。しかし、現在では大師井の中で確認できるものは、ほとんど残っていない。その中で唯一、『名古屋市史』にある田中町の泉坊の井戸だけが、泉坊保育園(熱田区白鳥3丁目)として名前を残している。また、『史跡 あつた』や『熱田区の歴史』には「草薙井戸」という名が見える。銘酒草薙の醸造元にあり、政所の南(現在の白鳥2丁目)にあったと記され、現存するとあるが、現在でもあるのだろうか。ご存じの方は、ぜひご教示願いたい。



泉坊保育園
e0170058_2032162.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2009-03-08 20:35 | 尾張名所図会 | Comments(0)
2009年 03月 06日

呼続浜(よびつぎのはま)

『尾張名所図会』の呼続浜
e0170058_1781392.jpg
 日本武尊が宮簀媛命(みやずひめのみこと)のいる氷上(ひかみ)まで行った時の古い道(火高地古道)は潮干には歩いて渡ることが出来るが、満潮には渡ることが出来ない。
 呼続とはここから次へと呼び継いだところ故に名が付いた。昔はこのあたりから山崎、笠寺(現在の名古屋市南区)まで入り江になっていたが、新田開発を行い現在のような陸地となった。
 日本武尊の「この夕潮に 渡らへむかも」と詠んだ歌(詳しくは火高地古道を参照)や『方角抄』に「よびつぎの浜には海士の家居あり、塩屋かずかず見えたり」とあるようにここには古い道があった。



現在の呼続浜(推定)
e0170058_18553344.jpg
 伝馬町より呼続方面(現在の名古屋市南区)を望む。現在、『尾張名所図会』にあるような呼続浜の面影は全く残っていない。古代は、撮影場所も含め写真の範囲のほとんどは海だったと思われる。したがって、『尾張名所図会』にあるように数多くの「塩屋」で塩を生産し、このあたりは良質な漁場であったのであろう。
[PR]

by nitibotuM | 2009-03-06 19:33 | 尾張名所図会 | Comments(6)
2009年 03月 04日

織田越中守母(おだえっちゅうのかみのはは)

『尾張名所図会』の織田越中守母


 天文の頃、熱田の商家に一人の娘がいて、尾張一の美人だと言われていた。その噂を古渡城の城主、織田信秀が聞いて、妻にしようとやってきた。ところが、その娘の父母は、武士を嫌っていたので断った。しかし、それに織田信秀は怒り、大人数を送って無理矢理娘を奪い取った。その後、男の子が一人生まれた。この子供は織田信長の弟になる越中守(織田信照)である。
 織田信秀が死去した後、母と子は熱田に戻ったが、母は知多郡小川(現在の愛知県知多郡東浦町)の水野信元(徳川家康の生母・於大の方の異母兄)のもとへ嫁ぎ、三人の女子を産んだ。常滑の水野監物の妻、河和の水野孫八郎の妻、大崎七郎右衛門の妻がその三人の娘である。
 越中守は理由は不明であるが、武人としての名声も聞かれず織田家の系図にもなく、後の人で知っている人も少ない。越中守の母は熱田の出身であるが、その住んでいた場所は分かっていないが、熱田の特に伝馬町は商人が多いところなので、織田越中守母について記した。



 『続群書類従』「織田系図」を見てみると「某 為中根氏養子。」とあるのが越中守で、中根氏の養子となったことが分かる。『尾張志』には織田越中守が「愛知郡沓掛の城に在し」とある。また、『張州府志』の「中根城」のところに「中根城三在中根村。土人曰。一則織田越中。一則村上弥右衛門。一則村上承善各居之。」とあり、越中守が現在の名古屋市瑞穂区にあった中根城の城主であったと記されている。さらに『張州府志』には越中守について「土人亦曰。織田越中者天性魯鈍人也。」とある。魯鈍(ろどん)とは、愚かで頭の働きが鈍いことを言う。当時の住民は城主であった越中守のことをあまり賢い人物だとは見ていなかったようだ。どこまで信憑性のある話かは不明だが、尾張名所図会にも越中守が「武名の聞もなく」と紹介しているところをみると、越中守は残っている史料も少なく、それほど名のある武将ではなかったようだ。
[PR]

by nitibotuM | 2009-03-04 17:15 | 尾張名所図会 | Comments(2)
2009年 03月 01日

裁断橋(さいだんばし)

『尾張名所図会』の裁断橋    裁断橋の歴史的な位置
e0170058_14485279.jpg
 伝馬町の東にあり、精進川に架かる橋である。今、「さんだが橋」ともいわれる。また、昔、ここに裁断所があり政務を行っていたのでこのように名付けられたとも言われる。または、精進川では「夏越しの祓い」が行われ、そこから「そうずが橋」が転じて裁断橋となったとも言われている。
 また、『日本霊異記』(にほんりょういき)や『今昔物語』には次のような話がある。
 

 尾張宿禰久玖利(おわりのすくねくくり)は、聖武天皇が国を治めていた頃の人で、尾張国中嶋郡の大領(郡長官)だった。久玖利の妻は、愛知郡片蕝里(かたわのさと)に住んでいた女で、強力(ごうりき)の僧、道場法師の孫娘である。この妻は、夫に逆らわず、物腰が柔らかで、織物が得意ですばらし着物を夫に着せていた。
 
 この時、その国の国司は若桜部(わかさくらべ)という者だった。この国司が久玖利の着ている美しい着物を見て取り上げて、まったく返す素振りがない。仕方なく家に戻ると、妻に「あなたはその着物を惜しく思いますか。」と聞かれたので、久玖利は「おまえの作った着物だから、たいへん惜しいよ。」といった。すると、それを聞いた妻は、「では、私が取り返してきましょう」とすぐさま国司の館に走っていった。
 
 さっそく国司に「着物を返してください。」と訴えた。しかし、国司は逆に怒ってしまって「引きずり出せ。」と命じた。しかしこの妻、何人がかりで引きずり出そうとしても、まったく動かない。それどころか妻は、国司のいる床を両手で持ち上げると、国司をそのまま門の外に運び出して、「着物を返してくださいますね」と迫ったので、国司もさすがに恐れおののいて、その着物を返した。
 
 久玖利の父母はこの事件によって国司に恨まれ、あとで仕返しされると思い大変怖がった。そのため、二人を離婚させて、妻を実家に送り返してしまった。
 
 ある時、実家に戻った女は草津川(そうづがわ)で洗濯をしていた。その時に、その川を通る大きな商船の上から、商人達が女をからかった。女は黙って無視していたが、あまりにひどいので、 「人をあざければ、その顔をぶつぞ。」と怒った。商人は女の言葉に怒り、女の顔を殴りつけようとした。 しかし、女は川へ入り、船をつかむと荷物を載せたまま引っ張り、船を半分ほど岸へあげてしまった。船主はどうしようもないので人を集めて、船から荷物を下ろし、やっとの事で川に浮かべると、また荷物を載せて逃げようとした。女は、「無礼な事を言うから船を引きあげたのだ、簡単には助けないぞ。」と言うと、荷を載せたまま今度は船を一町ほど引きあげてしまった。
船に乗っていた人たちは恐れて、「すまない事をした、許してくれ。」と謝った。女はそれを聞くと許し、船を戻してやった。後で船を五百人で力を合わせても動かそうとしたが全く動かなかった。 

 さて、この話に出てくる「草津川」は、「僧都川」(そうずがわ)や「三途川」(さんずがわ)の音訓がよく似ているので、この橋の由来と何か共通点があるのかもしれない。

『尾張名所図会』の久玖利が妻の大力 舟を引上る図
e0170058_164471.jpg
 

 また、裁断橋の擬宝珠には漢文と仮名文字の銘が彫ってある。
    
  熱田宮裁談橋。右檀那意趣者。掘尾金助公。去天正十八年六月十八日。於相州小田原陣中逝去。其法名号逸岩世俊禅定門也。慈母哀憐余。修造此橋。以充三十三年(卅三年)忌普同供養之儀矣。

 てんしやう十八ねん二月十八日におだはらへの御ぢん、ほりをきん助と申す十八になりたる子をたゝせてより、又ふためとも見ざるかなしさのあまりに、いま此はしをかける事、はゝの身にはらくるい(落涙)ともなり、そくしんじやうぶつし給へ、いつがんせいしゆんと、後のよの又のちまで、此かきつけを見る人念仏申したまへや、三十三年(卅三年)のくやう也。

 このように仮名でも彫ってあるのは、橋を通る誰が読んでも分かるようにとの老いたる母の気持ちの表れである。その母の気持ちを思うと実に辛い。



『名古屋市史』の裁断橋
 裁断橋は裁談橋、讃談橋、斉淡橋などとも書く。俗に御姥子橋(おんばこばし)または、サンダガ橋という。長さは十間、幅三間一尺の石礎木製である。この橋の名が文献に初めて見られるのは、永正六年(一五〇九)の『熱田講式』や享禄二年(一五二九)の『熱田総図』などである。




現在の裁断橋    裁断橋の位置
e0170058_17425671.jpg
 精進川が大正15年(1926)に埋め立てられ、新たに新堀川となった。それにより、裁断橋もその役目を終えた。以前、裁断橋があった場所は、現在、都市開発の中で大きく変わり、精進川の面影や当時の橋を見ることはできない。わずかに復元された裁断橋と2階には姥堂が残るのみである。なお、精進川の由来について『尾張徇行記』には「此川ニテ祠官御祓ヲスル故」とある。
 裁断橋が出来た時期については詳しく分かっていない。しかし、『名古屋市史』にあるように16世紀の文献にはその名が見られるようである。
 また、『尾張名所図会』にもある裁断橋の擬宝珠の銘にあるのは、天正18年(1590)に小田原の役で死去した堀尾金助(ほりお きんすけ)という18歳の息子の菩提を弔うために、33回忌の元和8年(1622)に母が裁断橋を修繕した際のものである。銘については上に記したので、詳しくは省くが「いつがんせいしゆん」とは漢文の方にある「逸岩世俊禅定門」という堀尾金助の戒名のことである。しかし、銘にある「後のよの又のちまで、此かきつけ(書き付け)を見る人念仏申したまへや、三十三年のくやう(供養)也。」という母の気持ちを思うと、わずかに裁断橋の復元が残ってはいるとはいえ、交通の中心は国道1号線に移り、人の往来の減った旧東海道の町並みを見ると寂しさを感じる。その一方で、400年以上も語り継がれる母の気持ちには感慨深い。
 また、堀尾金助のゆかりの地である愛知県丹羽郡大口町には、彼の供養塔、そして、裁断橋と姥堂が復元されている。


堀尾金助の供養塔がある 大香山 桂林寺    桂林寺の位置
e0170058_19183623.jpg

e0170058_19204280.jpg

e0170058_19205477.jpg
 左は堀尾吉晴(ほりお よしはる)の供養塔 右が堀尾金助とその母の供養塔    堀尾吉晴は堀尾金助の父だと言われている人物(諸説あり)



復元された裁断橋    復元された裁断橋の位置
e0170058_19252033.jpg

e0170058_19253712.jpg


堀尾吉晴邸跡    堀尾吉晴邸跡の位置
e0170058_19275534.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2009-03-01 19:30 | 尾張名所図会 | Comments(0)