尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:三重県 ( 12 ) タグの人気記事


2017年 03月 08日

いなべ市農業公園の梅 sanpo

 満開までもう一歩のいなべ市農業公園へ。今日もまだまだ寒く雪がちらつく天気で気温が低いので、見頃は来週になりそうだ。ただ、それでも一部では満開になっている木もあり、藤原岳をバックにきれいな梅を見ることが来た。


いなべ市農業公園の梅(2017年3月8日)曇り時々晴れ    撮影位置
e0170058_19493646.jpg
e0170058_19493509.jpg
e0170058_19493643.jpg
e0170058_19493658.jpg
e0170058_19493640.jpg
e0170058_19493547.jpg
e0170058_19494196.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2017-03-08 19:54 | 花鳥風月 | Comments(0)
2016年 10月 15日

東員町のコスモス

 今年の9月は天候不順が続き、晴れた記憶がほとんど無い。それでも10月に入ると、晴れる日が出てきた。そろそろコスモスも見頃を迎える時期なので三重県の東員町へ。なかなか晴れるタイミングと出かける予定が合わずに苦労したが、曇りのち晴れの予報を頼りに出かけて見たのだが、残念ながら晴れることのない撮影となってしまった。それでも、一面に広がるコスモスは満開間近で綺麗だった。



東員町のコスモス(2016年10月14日)曇り     撮影位置
e0170058_13284781.jpg
e0170058_13284693.jpg
e0170058_13284782.jpg
e0170058_13284764.jpg
e0170058_13284807.jpg
e0170058_13284842.jpg






[PR]

by nitibotuM | 2016-10-15 13:34 | 花鳥風月 | Comments(0)
2016年 04月 30日

いなべ市農業公園の牡丹

 以前、いなべ市農業公園には梅を見に行ったことはあるのだが、この時期には牡丹を見ることが出来るということで早速訪れてみた。ただ、この農業公園は敷地が広いようで、梅のエリアと牡丹のエリアは若干離れたところにあるようだ。
 訪れたのは、GW初日。風が強く多少曇りがちではあったが、休日とあってそれなりの混雑は覚悟していたのだが、到着してみると拍子抜けするほどスムーズだった。訪れたのが午後3時過ぎだったのが良かったのか、梅に比べると知名度がまだまだなのかは分からないが、ゆっくり牡丹が見られてラッキーだった。
 牡丹も見頃で数も多いので、綺麗な花に目移りしてしまって、あっという間に閉園の4時半(チラシでは4時?)近くになってしまった。
 まだ、数日は見頃も続きそうなので、お時間のある方はどうぞ。



いなべ市農業公園の牡丹(2016年4月29日)晴れ時々曇り     撮影位置
e0170058_162119.jpg

e0170058_1621968.jpg
e0170058_1623094.jpg
e0170058_1624451.jpg
e0170058_1625469.jpg

e0170058_1631023.jpg
e0170058_1631772.jpg
e0170058_1632334.jpg
e0170058_163333.jpg
e0170058_1634045.jpg
e0170058_1634829.jpg

e0170058_1635541.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2016-04-30 16:08 | 花鳥風月 | Comments(0)
2016年 03月 08日

鈴鹿の森庭園

 鈴鹿市にこんなすごい、しだれ梅の見られるところがあったとは知らなかった。しかし、それもそのはずで、開園してからまだ2年しかたっていない。
 オープンしてから間もないというのだが、今までこれだけ立派なしだれ梅は他で見たことがない。若干、花は散り始めていたが、地面一面に覆われた花びらが、また美しかった。ただ、係の人によれば、まだまだこれから木が大きくなって空を覆うようになって見応えが出てくるから3年後、いや、10年後をお楽しみに。ということだ。もはやスケールが違う。これは間違いなく鈴鹿市の名所になるだろう。入場料は1000円と安くはないが、時期さえ合えば遠方から訪れても後悔することはないと思う。ただ、この先知名度がもっと上がれば相当な混雑は必至だろう。



鈴鹿の森庭園(2016年3月8日)晴れ時々曇り     撮影位置
e0170058_18454682.jpg
e0170058_18455341.jpg
e0170058_1846324.jpg
e0170058_18461853.jpg
e0170058_18462568.jpg
e0170058_18463343.jpg

e0170058_18474722.jpg
e0170058_184753100.jpg
e0170058_1848082.jpg

e0170058_184887.jpg

e0170058_18481530.jpg

e0170058_18483992.jpg

e0170058_18484730.jpg

e0170058_1848537.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2016-03-08 18:50 | 花鳥風月 | Comments(0)
2016年 01月 05日

高田山専修寺

 専修寺は、三重県津市一身田町にある浄土真宗高田派の本山。
 まず、専修寺に近づくと諸堂の大きさに驚かされる。また、周辺も塔頭や昔ながらの建物も多く残されており、雰囲気のある寺町が形成されているので、周辺をぐるっと巡りながら参詣するのも悪くない。確かに諸堂の大きさにも驚かされたが、堂内の荘厳も浄土真宗らしい、まさに浄土をあらわす黄金の煌びやかさも目を引く。
 しかし、地方でこれだけの伽藍を擁する寺院には驚かされる。



高田山専修寺(2016年1月2日)晴れ時々曇り     撮影位置
e0170058_19404246.jpg
e0170058_1941081.jpg
e0170058_19412642.jpg
e0170058_19413259.jpg
e0170058_1942373.jpg
e0170058_19421149.jpg
e0170058_19422895.jpg
e0170058_19423811.jpg
e0170058_19425452.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2016-01-05 19:46 | 花鳥風月 | Comments(0)
2016年 01月 04日

御在所岳の冬

 2014年の秋に訪れて以来の御在所岳。冬の時期には樹氷が見られるのだが、この冬は暖冬のためか、あまり見られないようだ。今回もそれらしいものはほとんど見られなかった。しかし、ロープウェイを降りれば名古屋では考えられない雪の世界だった。



御在所岳(2016年1月2日)曇り時々晴れ     撮影位置
e0170058_18185426.jpg

e0170058_1819084.jpg

e0170058_18191188.jpg
e0170058_18191656.jpg
e0170058_18193299.jpg
e0170058_18193923.jpg
e0170058_18194913.jpg
e0170058_18195853.jpg
e0170058_1820382.jpg

e0170058_18201064.jpg
e0170058_18201842.jpg

e0170058_18202460.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2016-01-04 18:24 | 花鳥風月 | Comments(0)
2014年 10月 29日

御在所岳の紅葉 sanpo

 朝晩かなり冷え込むようになってきたが、まだ、名古屋市内で紅葉は早い。そこで、今日は三重県の御在所岳へ紅葉を見に行くことにした。
 御在所岳はロープウェイで山頂付近まで登ることが出来、手軽に紅葉を楽しめる。今回は、とにかく時間がなかったので、ロープウェイの「山上公園駅」周辺を短時間だけしか見ることが出来なかったが、晴れていたので景色は良かった。晴れた日の朝一番ならもっと澄み渡った空気で綺麗な景色を期待できそうだ。ただ、頂上付近の紅葉はすでに終わっていたようで、紅葉自体はロープウェイの途中で見た中腹辺りが一番綺麗だった。
 やはり、平日とはいえ紅葉も見頃なのでロープウェイや駐車場も混雑していた。土日ともなれば、駐車場に入るだけでも結構並ぶ必要がありそうだ。ちなみに今回は、御在所ロープウェイのホームページにクーポン券があるのでそれを印刷して持って行ったので若干だが割引きになった。



御在所岳(2014年10月29日)晴れ     撮影位置
e0170058_189531.jpg

 
e0170058_1891710.jpg
e0170058_1892429.jpg
e0170058_1893626.jpg
e0170058_189419.jpg

e0170058_18102565.jpg
e0170058_18103113.jpg

e0170058_18114649.jpg
e0170058_18115267.jpg
e0170058_18115966.jpg

e0170058_18122496.jpg
e0170058_18123153.jpg
e0170058_18123642.jpg
e0170058_18124338.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2014-10-29 18:17 | 花鳥風月 | Comments(0)
2014年 02月 26日

なばなの里 ウインターイルミネーション

 イルミネーションが始まった頃は、すごい人みたいだったが、そろそろ混雑も落ち着いているだろうと思い訪れてみた。訪れたのは平日の午後7時頃だが、ここ数日では暖かい日だった。暖かさも影響したのか、やはり人気の観光施設なだけ有って、想像したよりも人出は多かった。これで混雑している時だと、いったいどれだけの人が来るのだろう…。
 でも、確かにイルミネーションは綺麗。人工的な美しさではあるが、この寒い時期に外に出ようかという気にさせてくれる。寒い冬を少しでも暖かく乗り切ろうとする現代社会の知恵なのかもしれない。ただ、小学生以上が2000円というのは、子どもがいる家庭には厳しいなぁ。




なばなの里(2014年2月26日)晴れ    撮影位置
e0170058_19141527.jpg

e0170058_19142235.jpg

e0170058_19143379.jpg
e0170058_19143947.jpg
e0170058_19144733.jpg
e0170058_19145243.jpg
e0170058_19145935.jpg
e0170058_1915788.jpg
e0170058_19151332.jpg
e0170058_19152057.jpg
e0170058_191526100.jpg
e0170058_19153179.jpg
e0170058_19153740.jpg
e0170058_19154312.jpg
e0170058_1915495.jpg
e0170058_19155746.jpg
e0170058_1916447.jpg
e0170058_19161058.jpg
e0170058_19162292.jpg
e0170058_19162859.jpg
e0170058_19163499.jpg
e0170058_19164172.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2014-02-26 19:19 | 花鳥風月 | Comments(0)
2013年 06月 01日

諸戸氏庭園

 六華苑を見た後に歩いて諸戸氏庭園を訪れた。二つの施設は隣接してはいるが、中からは行くことが出来ないので、一旦外に出なければいけない。それ程遠いわけではないが、5~10分ぐらいはかかるだろうか。現在、移動するまでの途中で公園を整備しているようで、それが完成すれば、僅かではあるが短縮できるかもしれない。
 諸戸氏庭園では、そろそろ菖蒲が見頃かと思い訪れたのだが、残念ながら、まだ咲いているのは一部だった。見頃はもうちょっと後になりそうだ。



諸戸氏庭園(2013年5月31日)晴れ    撮影位置
e0170058_1940266.jpg
e0170058_1940369.jpg

Leica M9 SUMMILUX M 35mm F/1.4 ASPH




e0170058_19401943.jpg
e0170058_1940165.jpg
e0170058_19403233.jpg
e0170058_19403864.jpg

Leica M9 SUMMILUX M 50 mm f/1.4 ASPH
[PR]

by nitibotuM | 2013-06-01 19:44 | 花鳥風月 | Comments(2)
2013年 05月 31日

六華苑

 今年は、梅雨入りが平年よりも早く5月に発表された。そうした中、梅雨の貴重な晴れ間を利用して、三重県桑名市にある六華苑を訪れた。この六華苑は、鹿鳴館などを設計した有名なイギリス人建築家コンドルによって設計され、大正2年(1913年)に完成した二代目諸戸清六の邸宅である。洋館とそれに連なる和館で構成されており明治から大正に建てられた雰囲気が良く伝わってくる。
 今回も車で訪れたが、広い駐車場が六華苑に隣接しているので困ることはない。



六華苑(2013年5月31日)晴れ    撮影位置
e0170058_18344214.jpg
e0170058_18344145.jpg
e0170058_18355087.jpg
e0170058_18345511.jpg
e0170058_1836576.jpg

e0170058_18363243.jpg
e0170058_18374142.jpg
Leica M9 SUPER ELMAR M f3.4/21mm ASPH






e0170058_18413946.jpg
e0170058_18411422.jpg
e0170058_18415817.jpg

e0170058_18415036.jpg
e0170058_18423477.jpg

e0170058_18435050.jpg
e0170058_18425959.jpg
e0170058_1844118.jpg
e0170058_18431298.jpg
e0170058_18441594.jpg
e0170058_18432519.jpg
e0170058_18442893.jpg
e0170058_18433872.jpg
e0170058_18444079.jpg
e0170058_18435329.jpg
e0170058_18445592.jpg
Leica M9 SUMMILUX M 35mm F/1.4 ASPH





e0170058_1847070.jpg
e0170058_1847641.jpg
e0170058_18471218.jpg
e0170058_18471719.jpg
e0170058_1847258.jpg
e0170058_18473116.jpg
e0170058_18473665.jpg

e0170058_18481522.jpg
e0170058_18482273.jpg
e0170058_18482963.jpg
Leica M9 SUMMILUX M 50 mm f/1.4 ASPH
[PR]

by nitibotuM | 2013-05-31 18:51 | 花鳥風月 | Comments(0)