尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 01日

淡路島・徳島旅行 鳴門の渦潮 sanpo

 鳴門の渦潮を船で見るには淡路島側と鳴門側の両方から行くことができる。以前に鳴門側から船に乗ったので、今回は淡路島側から船に乗ることにした。淡路島側の船は「咸臨丸」と「日本丸」の形をした船になっているので船体が大きく、かなりの人数が乗船できるようだ。鳴門側はそれに比べると幾分か小さい。大きい船が良ければ淡路島、小さい船が良ければ鳴門、といった感じになりそうだ。ちなみに淡路島側では、ちょうど夏休みの企画で小学生以下が無料ということで、子供連れで賑わっていた。



鳴門の渦潮(2017年8月28日)曇り    撮影位置
e0170058_17150645.jpg






[PR]

# by nitibotuM | 2017-09-01 17:18 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 08月 31日

淡路島・徳島旅行 慶野松原

 宿泊先から朝食前に慶野松原を散歩。雲が多かったのは残念。



慶野松原(2017年8月28日)曇り    撮影位置
e0170058_14254797.jpg
e0170058_14254784.jpg




[PR]

# by nitibotuM | 2017-08-31 14:26 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 08月 30日

淡路島・徳島旅行 淡路サービスエリア

 2泊3日で淡路島と徳島へ。1日目は遅くに出発したので、日没近くに淡路サービスエリアに到着。天気も良く綺麗な夕焼けを見ることができた。




淡路サービスエリア(2017年8月27日)晴れ    撮影位置
e0170058_18554066.jpg




[PR]

# by nitibotuM | 2017-08-30 18:58 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 08月 24日

大栗山のオオキツネノカミソリ

 豊田市稲武町にある大栗山にオオキツネノカミソリの群生地がある。オオキツネノカミソリはヒガンバナ科の植物で、一見すると一般的な彼岸花とよく似ているが、花が赤ではなく鮮やかなオレンジ色をしている。見頃の時期は8月の中旬から下旬とのことで、彼岸花よりも早い。
 群生地に行くまでは、県道などに案内板はあるが、結構な山の中にあるので訪れている人もまばらだ。そして、県道から車を降りて歩いて群生地まで向かうことになるが、距離は600メートルとさほどでもなさそうだが、行きは山を登っていく感じになるのと道の状態もあまり良くないので、距離から想像していた以上に疲れた。それでも、群生地に着くと、一面にオレンジ色のオオキツネノカミソリが咲いている光景は見応えがあって感動する。時期さえ合えば、それなりに疲れるが訪れてみる価値は十分にある。



大栗山のオオキツネノカミソリ(2017年8月23日)曇り時々晴れ    撮影位置
e0170058_15172957.jpg
e0170058_15172933.jpg
e0170058_15172971.jpg
e0170058_15194303.jpg
e0170058_15195945.jpg
e0170058_15202093.jpg
e0170058_15202096.jpg
e0170058_15205039.jpg
e0170058_15205098.jpg
e0170058_15204920.jpg




[PR]

# by nitibotuM | 2017-08-24 15:25 | 花鳥風月 | Comments(0)
2017年 08月 07日

波切漁港

 大王町にある波切漁港(なきりぎょこう)。大王埼灯台へ行く途中にある。大王町は「絵かきの町」とも言われているそうだ。なるほど確かに灯台をはじめ、この漁港もどことなく郷愁を誘う町並みには魅力がある。まだ日本に残る美しい風景の1つだと思う。




波切漁港(2017年7月31日)晴れ時々曇り    撮影位置
e0170058_19055174.jpg




[PR]

# by nitibotuM | 2017-08-07 19:07 | 花鳥風月 | Comments(0)