尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 31日

信州中部を巡る旅 その4

 諏訪大社下社春宮の周辺を散策した後、松本市歴史の里を訪れた。
 松本市歴史の里は、旧長野地方裁判所松本支部庁舎をはじめとした江戸時代後期から昭和にかけて建てられた歴史的建造物を見学することが出来る博物館である。特に旧長野地方裁判所松本支部庁舎では、明治憲法下での和風裁判所の雰囲気が再現されており一番見応えがあった。「信州の明治村」といっているように確かに愛知県にある明治村を小さくした感じである。
 松本市歴史の里を見学した後は、松本城へと向かった。



松本市歴史の里(2013年7月25日)曇り    撮影位置
e0170058_1754748.jpg
e0170058_17541957.jpg
e0170058_17542512.jpg
e0170058_17543154.jpg
e0170058_17543912.jpg
e0170058_17544459.jpg
e0170058_17544968.jpg
e0170058_17545553.jpg
e0170058_1755196.jpg
e0170058_1755673.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2013-07-31 17:57 | 花鳥風月 | Comments(0)
2013年 07月 30日

信州中部を巡る旅 その3

 諏訪大社下社秋宮の周辺を散策した後は、車で数分の所のにある諏訪大社下社春宮へと向かった。
 諏訪大社下社春宮を訪れた後は、そのまま境内から歩いて万治の石仏まで行った。万治の石仏はユニークな姿をしており初めてその姿を見た時は驚かされた。
 このユニークな石仏は、案内板によると、諏訪大社下社春宮の大鳥居を造る時、石工がこの地にあった巨石にノミを入れたところ、そこから血が流れ出したので、恐れをなし仕事をやめた(ノミの跡は現在でも残っている)。その夜、石工の夢枕に上原山(茅野市)に良い石材があると告げられ、鳥居が完成し、その後、石に阿弥陀如来をまつったと伝えられている。
 どれほど信憑性のある話かは分からないが、この特徴的な姿は印象的である。
 万治の石仏を後に昼食を済ませ、午後最初の見学先である松本市歴史の里へと向かった。



諏訪大社下社春宮(2013年7月25日)晴れ    撮影位置
e0170058_19332687.jpg
e0170058_19333696.jpg
e0170058_19334387.jpg
e0170058_19335128.jpg
e0170058_19341318.jpg
e0170058_19342011.jpg


万治の石仏(2013年7月25日)晴れ    撮影位置
e0170058_1935384.jpg
e0170058_1935949.jpg
e0170058_19351510.jpg
e0170058_19352040.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2013-07-30 19:38 | 花鳥風月 | Comments(0)
2013年 07月 29日

信州中部を巡る旅 その2

 「プリンス&スカイラインミュウジアム」を後にして諏訪大社下社秋宮を訪れた。さらに歩いて、本陣岩波家と塩羊羹で有名な新鶴本店で塩羊羹と生菓子を2つほど購入して、次の諏訪大社下社春宮へと向かった。



諏訪大社下社秋宮(2013年7月25日)晴れ    撮影位置
e0170058_19342795.jpg
e0170058_19343783.jpg
e0170058_19344455.jpg



本陣岩波家(2013年7月25日)晴れ    撮影位置
e0170058_19353055.jpg
e0170058_19355931.jpg

e0170058_19374525.jpg
e0170058_19375527.jpg
e0170058_1938122.jpg
e0170058_19381047.jpg
e0170058_1938171.jpg
e0170058_19382867.jpg
e0170058_19383866.jpg
e0170058_19384554.jpg



新鶴本店(2013年7月25日)晴れ    撮影位置
e0170058_19393042.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2013-07-29 19:45 | 花鳥風月 | Comments(0)
2013年 07月 28日

信州中部を巡る旅 その1

 長野県の諏訪湖周辺と松本市を中心に観光する1泊2日の旅行に出かけた。

 ところが、旅行当日の朝に道路情報を確認してみると、中央道の恵那山トンネル付近で重大事故があったようで、通行止めになっていた。また、このところ全国的に天候が安定しておらず、旅行中の天気も心配であるなど、少々不安のある中での出発となった。
 高速道路の通行止めが続くようであれば、かなりのルート変更を余儀なくされるので、予定していたところが観光できなくなる可能性があったので、心配しながら恵那山トンネル付近まで向かったのだが、どうやら近づいた頃には、通行止めは解除されたようで、車線規制は行われてはいたが、ほぼ予定通り通過でき長野へと向かうことが出来た。また、心配していた天気も、快晴とはいえないが、移動中は傘を使うこともなく結果的には日差しも強くなくこの時期としては移動しやすいく、良い条件だったかもしれない。
 
 まず、最初の目的地である岡谷市にある「プリンス&スカイラインミュウジアム」を訪れた。特に日産のスカイラインに思い入れがあるわけではないが、上の子が車が好きなので寄ってみることにしてみた。相当な数のスカイラインがそろっているので好きな人には面白い場所であることは間違いはない。ただ、知識のない者が1000円出して見学する程のものかといわれると疑問は残るが、取りあえず子どもは、たくさんあるスカイラインに喜んでいたようなので良かったと言うことにしよう。

 「プリンス&スカイラインミュウジアム」を後にして諏訪大社下社秋宮へと向かった




プリンス&スカイラインミュウジアム(2013年7月25日)晴れ    撮影位置
e0170058_20345718.jpg
e0170058_2035587.jpg
e0170058_20351224.jpg
e0170058_20351774.jpg
e0170058_20352592.jpg
e0170058_20353313.jpg
e0170058_20353811.jpg
e0170058_20354551.jpg
e0170058_20355198.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2013-07-28 20:45 | 花鳥風月 | Comments(0)