尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 29日

 今年の十五夜は9月30日になるが、台風の影響がありそうなので、ちょっと早いが綺麗に見えた28日に写してみた。



月(2012年9月28日)晴れ
e0170058_1937584.jpg

e0170058_19395132.jpg
等倍

D4 1020mm
[PR]

by nitibotuM | 2012-09-29 19:41 | 花鳥風月 | Comments(0)
2012年 09月 28日

津屋川の彼岸花

 今年は例年よりも残暑が厳しく、まだまだ彼岸花の見頃は先のようだ。それでも多くの人たちが咲き始めた彼岸花を見に来ていた。ここは背景も素晴らしく彼岸花を撮るには絶好の場所だと言える。



津屋川の彼岸花(2012年9月28日)晴れ    撮影位置
e0170058_183727100.jpg
e0170058_1838022.jpg

e0170058_18391785.jpg

e0170058_18374919.jpg

e0170058_18382147.jpg
e0170058_1838558.jpg
e0170058_18383481.jpg




2008年、津屋川の彼岸花
e0170058_18425322.jpg
e0170058_18425211.jpg
e0170058_18432027.jpg
e0170058_1843496.jpg
e0170058_18433352.jpg



時季外れの蓮(アクアワールド水郷パークセンター)
e0170058_18455357.jpg
e0170058_18454625.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2012-09-28 18:50 | 花鳥風月 | Comments(2)
2012年 09月 20日

大高緑地公園のシラタマホシクサ

 シラタマホシクサは東海地方の湿地に生息するホシクサ科の一年草。環境の変化などによって、見ることの出来る場所は限られている。訪れた大高緑地公園では、数は少ないが大切に保護されている。遠くから見ると、この小さな白玉が可愛らしい。ちなみに、この場所は午前中、日当たりがあまり良くないようだ。
 カメラの設定の戻し忘れでISO800のまま撮ってしまった。現像している時に、いつもよりノイズが多かったので気が付いたのだが、昔のカメラなら間違いなくISO800では全部削除していたに違いない。リサイズしてもISO100と比べれば、多少ザラザラしているが、そこまで気にならないことを考えると、カメラの進歩はすごい。



大高緑地公園のシラタマホシクサ(2012年9月20日)晴れ    撮影位置
e0170058_192185.jpg
e0170058_1924049.jpg
e0170058_1924823.jpg
e0170058_193754.jpg
e0170058_1931865.jpg
e0170058_1933374.jpg
e0170058_1934441.jpg
e0170058_1935969.jpg
e0170058_194679.jpg
e0170058_1941889.jpg
e0170058_1942161.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2012-09-20 19:07 | 花鳥風月 | Comments(0)
2012年 09月 18日

金宝山地蔵院(きんぽうざんじぞういん)

『尾張名所図会』の地蔵院(上の方に小さく)
e0170058_16233366.jpg
 中瀬町の石橋という所にある。真言宗で長野村(現在の愛知県稲沢市)万徳寺の末。当山は人皇九十四代、花園院の御宇、文保元年(1317)に牧権太輔奉忠(まきごんだいふともただ)の室が冥福の為に旗屋村に開基して、全海法印を請じて開山した。奉忠は鎌倉殿とゆかりがあったので、その室は力王子の称号を、そして旗屋村に寺地を給わった。その砌(みぎり 場所)は寺門も広大にして、大伽藍の仏場である。ところが星霜二百五十余年を経て大きく破壊され、ほとんどの基址(きし)が失われた。時に天正四年(1576)に今の地に移し、政堯法印を中興の開山とする。

鎮守 白山権現
寺宝 足利尊氏公像 地蔵菩薩画像 寄進状


歴史的な地蔵院の位置
e0170058_16263848.jpg



『名古屋市史』には次のようにある。
 地蔵院は亀命寺(または帰命寺)と言った。文保中、熱田の祭主、牧権太夫奉忠の後室、法号勝仏が一宇を建立。亀命寺と号したが文和中再興して、地蔵院と改めた。
 古来、熱田における真言宗の寺院の頭と成る。



『張州雑志』には次のようにある。

力王子勝仏の像
e0170058_1626545.jpg


尊氏の像 土佐光信筆
e0170058_1627840.jpg


尊氏自画自讃地蔵の像
e0170058_16271518.jpg



現在の地蔵院    地蔵院の位置
e0170058_1629351.jpg

e0170058_16414218.jpg
 現在、地蔵院は真言宗豊山派の寺院であるが、外観からは寺院としての活動がされているのかは不明である。
 また、『尾張名所図会』などにある足利尊氏公像であるが、『史跡あつた』によれば、昭和十二年の美術研究第六十七号の谷信一氏の研究によって、足利尊氏ではなく足利義尚と改められたとある。また作者についても伝承では土佐光信とさせるが、その正否は不明であるとする。
[PR]

by nitibotuM | 2012-09-18 16:33 | 尾張名所図会 | Comments(0)
2012年 09月 14日

名古屋港水族館

 今日は時間に余裕があったので、下の子を連れて名古屋港水族館に行ってきた。今、名古屋港水族館には鴨川シーワールドから3頭のシャチがやってきている。シャチは割りと人懐っこいようで人の方に近づいてくることも多い。近づいてくるシャチはさすがに迫力がある。
 去年も名古屋港水族館に訪れたが、その時も人の多さに驚いたが、今回も結構な人が訪れていた。今日は、突然の雨があったりしたので、こういう天候にも左右されない水族館は人気があるのだろう。地下鉄や車でもアクセスしやすい点も大きいのかもしれない。




名古屋港水族館(2012年9月14日)曇り時々雨
e0170058_1847769.jpg

e0170058_18453643.jpg

e0170058_18473833.jpg
e0170058_1847448.jpg
e0170058_18485100.jpg
e0170058_1848997.jpg
e0170058_18482367.jpg

e0170058_1849048.jpg
e0170058_1849613.jpg
e0170058_18491799.jpg

e0170058_1849139.jpg

e0170058_1849379.jpg
e0170058_18494732.jpg
e0170058_18495240.jpg

e0170058_18511566.jpg
e0170058_18514867.jpg

e0170058_18515596.jpg
e0170058_1852306.jpg
e0170058_18521341.jpg
e0170058_18531583.jpg
e0170058_18534251.jpg
e0170058_1853509.jpg
e0170058_1853573.jpg
e0170058_1854491.jpg
e0170058_18545612.jpg
e0170058_1855461.jpg
e0170058_1855121.jpg
e0170058_18551936.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2012-09-14 18:55 | 花鳥風月 | Comments(0)
2012年 09月 01日

開田高原のソバ

 8月最終日、開田高原にソバの花を見に行った。ここは天気が良ければ御嶽山と一緒にソバの花を楽しめる。しかし、残念ながら御嶽山は雲の中。とことん御嶽山とは相性が悪いようだ。今まで4回ほど御嶽山を見に行っているが一度もまともに見えたことがない。御嶽山は名古屋からも天気が良い時は見えるが、是非とも一度近くから眺めてみたいものだ。



開田高原のソバ(2012年8月31日)曇り時々晴れ      撮影位置
e0170058_19161979.jpg
e0170058_19165293.jpg
e0170058_19163576.jpg
e0170058_1917101.jpg
e0170058_19165663.jpg
e0170058_19173059.jpg
e0170058_19171326.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2012-09-01 19:24 | 花鳥風月 | Comments(0)