尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 28日

寸又峡の紅葉

 以前から訪れてみたかった寸又峡。ところが名古屋からは距離もあり、なかなか予定が合わなかった。今年も無理かと思っていたが、丁度行けそうな日と子供たちの代休が重なって、子供たちも一緒に行くことができた。
 まず、寸又峡へは名古屋からだと新東名の島田金谷で降りるのが一般的だと思うが、そこから先がなかなか遠い。平日ということもあってか渋滞は全くなかったが、途中の国道、県道は細い箇所が多いので思った以上に時間が掛かる。また、平行するように国道、県道が走っているようで、どこをどう走っているのか全く分からなかった。結局どの道で行くのが早いのだろうか。
 また、寸又峡付近は道が細いので、あまり奥には行かずに市営の駐車場に止めることにした。特に待つことはなかったが、この時期は500円の駐車料金が掛かるようだ。そして、駐車場から「夢の吊り橋」へは、ひたすら歩くことになる。まぁ、そうはいっても吊り橋の近くまでは、そんなに起伏はないので心配は無いが、吊り橋を渡る前後はそれなりにきつい高低差がある。この時期は吊り橋は一方通行になっているので、特に渡りきった後にある300段ほどの階段は結構厳しい。その後は平坦な道だが、吊り橋を渡ると「飛龍橋」を通って元の場所へ戻るかたちになるので、それなりの距離を歩くことになる。おおよそ、ぐるっと回って2時間の1万歩強ぐらいだった。かなり良い運動にはなる。子供たちも疲れたとは言っていたが、思った以上に吊り橋が楽しかったようだ。


寸又峡(2017年11月27日)晴れ時々曇り    撮影位置
e0170058_15221238.jpg
e0170058_15221287.jpg
e0170058_15221299.jpg
e0170058_15221353.jpg
e0170058_15221378.jpg
e0170058_15221355.jpg
e0170058_15243253.jpg
e0170058_15243275.jpg
e0170058_15243203.jpg
e0170058_15243238.jpg
e0170058_15250208.jpg
e0170058_15263100.jpg
e0170058_15263133.jpg
e0170058_15263296.jpg






[PR]

by nitibotuM | 2017-11-28 15:32 | 花鳥風月 | Comments(0)


<< 丈山苑のライトアップ      大龍寺 ドウダンツツジの紅葉 >>