尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 17日

川見四季桜の里

 豊田市小原町にある「川見(せんみ)四季桜の里」へ。
 ここでは秋にも咲く珍しい四季桜を見ることが出来る。四季桜は名古屋市内でも所々で見ることはあるが、ここまで四季桜が大規模に咲く場所は他に知らない。ただ、驚いたのは、この小原の四季桜の起源は名古屋方面から移植されたものだとか。てっきり小原の方がオリジナルだと思っていったが、そうではないようだ。この小原町では、至る所で四季桜が咲いており、この「川見四季桜の里」以外でも見ることは出来るが、ここは1200本の四季桜があると言われているので、もっとも見応えがあるといえる。確かに10年ほど前に他で見た時よりも四季桜が密集しているので、山を覆う四季桜の白さは際立っている。また、この時期は桜だけではなく、紅葉も併せて見られるので、赤白黄と、まさに色彩美だ。更に四季桜は光や角度によって白やピンクにも見えるので、見る方向や時間の違いでも楽しめる。
 小原の四季桜と紅葉は、愛知県でも有名な紅葉スポットではあるが、何カ所かに分散していることもあってか、香嵐渓などに比べれば恐らく混雑はしていない。今回は平日の昼前に訪れたが、特に渋滞もしていなかった。土日ともなればそれなりに混雑は覚悟しなければいけないだろうが、一見の価値はあると思う。まだ、もう少し見頃は続くと思われるのでお勧め。
 「川見四季桜の里」からの帰りに、小原町にあるもう1つの四季桜のスポット「市場城址」に寄った。




川見四季桜の里(2016年11月16日)晴れ     撮影位置
e0170058_17015172.jpg
e0170058_17015166.jpg
e0170058_17002751.jpg
e0170058_17002756.jpg
e0170058_17002819.jpg
e0170058_17002013.jpg
e0170058_17002182.jpg
e0170058_17000829.jpg
e0170058_17000870.jpg
e0170058_17000915.jpg
e0170058_17000936.jpg
e0170058_17001069.jpg
e0170058_17001024.jpg
e0170058_17000662.jpg
e0170058_17000730.jpg
山頂を目指して歩く。やはり下から見た方が桜は綺麗。
e0170058_16594643.jpg
e0170058_16594706.jpg
e0170058_16594775.jpg





[PR]

by nitibotuM | 2016-11-17 17:39 | 花鳥風月 | Comments(0)


<< 市場城址の四季桜      DELL Dimension ... >>