尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 08日

岐阜・石川・福井・滋賀を巡る旅 その12

 醒ヶ井で梅花藻を見た後、醒井養鱒場に訪れた。
 醒井養鱒場は明治11年(1878年)からある鱒などの研究や養殖をおこなっている施設。ここはちゃんと舗装もされているので、小さい子でも気軽に訪れることが出来る。特に初心者でも気軽に出来る釣りは子どもでも楽しいと思う。ただ、釣った魚はすべてグラム単位での買い取りになるうえ、とにかく簡単に釣れるので、釣る時は大きさと数に注意が必要。
 家の子どもも楽しそうに釣りをやっていたのだが、大型魚と小型魚の池の違いを知らずにやっていて、とんでもなくでかい鱒をものの数分で釣り上げてしまった。その大きさ、何と2キロ超。保冷箱コミで4,500円也。びっくりです。今度、行く機会があったら絶対小型魚の池でやります。



醒井養鱒場(2015年8月27日)晴れ    撮影位置
e0170058_1934968.jpg

e0170058_1953378.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2015-09-08 19:10 | 花鳥風月 | Comments(0)


<< 大高緑地公園のシラタマホシクサ      岐阜・石川・福井・滋賀を巡る旅... >>