尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 29日

岐阜・石川・福井・滋賀を巡る旅 その2

 ひるがの高原 コキアパークから昼食をとるために、岐阜県郡上市大和町にある杉ケ瀬ヤナを訪れた。
 そもそもこの「ヤナ」というもの自体あまり馴染みが無く、訪れた記憶もないのだが、この杉ケ瀬ヤナでは8月下旬~10月ごろの期間限定の営業で貴重な天然鮎がいただけるようなので、物は試しということで、前日に営業しているか電話してみると、今年はすでに営業しているということで、その場で予約をして訪れてみた。
 実際訪れてみると、なかなか風情のある光景。これで鮎の味にも期待が高まる。
 とりあえず、メニューにある「塩焼き」、「でん(味噌)」、「フライ」、「煮付け」、「鮎めし」を頼んでみた。じっくり炭火で焼くので、それなりに時間は掛かるが、これもまた風情がある。
 まず、煮付けとフライが先に来たが、これがまた想像以上に美味しい。魚好きの上の子は、こんな美味しいの食べたことがないと、海の魚以上に美味しいと絶賛だった。程なくして、塩焼きと味噌が来たが、これも美味しい。
 個人的には、塩焼きとフライが甲乙付けがたい美味しさだった。これは、わざわざ名古屋からここ目当てに訪れる価値が十分ある。そうはいってもなかなか気軽には訪れられないので、今回はタイミング良く貴重な「ヤナ」の体験が出来た。ただ、この杉ケ瀬ヤナの駐車場は狭いので注意が必要。
 食事を済ませた後は、福井の恐竜博物館を目指す。



杉ケ瀬ヤナ(2015年8月26日)曇り    撮影位置
e0170058_1913157.jpg

e0170058_1914069.jpg
e0170058_1914940.jpg
e0170058_191577.jpg
e0170058_192555.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2015-08-29 19:08 | 花鳥風月 | Comments(0)


<< 岐阜・石川・福井・滋賀を巡る旅...      岐阜・石川・福井・滋賀を巡る旅... >>