尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 02日

姫路・神戸旅行 その3

 太陽公園の「石のエリア」から次に「城のエリア」へ。
 ノイシュヴァンシュタイン城をモデルに造られたという、その名も「白鳥城」。外観は圧倒的な存在感があり、偽物?としては細部まで細かく良くできていて感心させられる。ただ、内部は至って普通の造りだが、外観を見るだけでも結構感動する。
 ちなみに城内では3Dアートの展示があり、視覚のトリックを活かした写真が撮れる。結構、子どもたちが楽しがっていた。ただ、これが延々と続くので後半は飽きる。全部、撮ってたら何時間かかるのだろうか。でも、そこそこ楽しめた。
 太陽公園を後にして、石の宝殿へと向かった。



太陽公園「城のエリア」(2015年7月29日)曇りのち雨    撮影位置
e0170058_15311418.jpg

e0170058_1531287.jpg
e0170058_15314260.jpg
e0170058_153210100.jpg

e0170058_15325391.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2015-08-02 15:35 | 花鳥風月 | Comments(0)


<< 姫路・神戸旅行 その4      姫路・神戸旅行 その2 >>