尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 09日

京都と和歌山の旅 その7

 三段壁からアドベンチャーワールドへ。
 開園の9時半ちょっと前に到着。少々雨がぱらつく中だが、すでにゲートには沢山の人が待っていた。人気のある有料オプションを申し込む為には、ある程度早く並ぶ必要があるのかもしれない。
 まず、開園と同時にパンダを見て回る。特に今は4ヶ月(2015年4月現在)になる双子の赤ちゃんパンダが人気だ。まだまだ小さく、確かにその可愛らしさには癒される。それにしても、これだけのパンダの繁殖に成功しているアドベンチャーワールドの飼育能力の高さには驚かされる。
 ちょうど、赤ちゃんパンダを見終わった頃から雨がいよいよひどくなってきた。しかし、パンダなどの主要な箇所はある程度までは傘が無くても移動できるように配慮されているので、雨の日でも何も出来ないと言うことはない。
 イルカのショーを見て、アドベンチャーワールド内で早めの昼食を済ませた頃に下の子がお腹が痛いと言い始める。取りあえず、仕方がないので、予定よりもかなり早いが、様子を見ながら本日の宿泊先の和歌山市内方面へと向かう。移動中にお腹が痛いのも治ったようなので、予定通り途中で湯浅町にある施無畏寺(せむいじ)に寄る。



アドベンチャーワールド(2015年4月1日)雨    撮影位置
e0170058_18423842.jpg

e0170058_18424429.jpg
e0170058_18425712.jpg

e0170058_18431645.jpg
e0170058_18432197.jpg
e0170058_18432786.jpg
e0170058_18433168.jpg
e0170058_18433783.jpg
e0170058_18434410.jpg
e0170058_18434829.jpg
e0170058_18435442.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2015-04-09 19:07 | 花鳥風月 | Comments(0)


<< 京都と和歌山の旅 その8      京都と和歌山の旅 その6 >>