尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 27日

第58回全国選抜長良川中日花火大会

 東海地方でも有数の花火大会。その分人も多いが、広い河川敷から見ることが出来るので、見るだけならそんなには困らない。ただ、近くの良い場所で見るには早い時間での場所取りが必要。
 ここ数年は子どもが小さかったので遠くからの見物になったが、今年は少しだけ打ち上げ場所に近づいてみた。今年、見た場所は花火大会開始直前の7時過ぎぐらいに着いたが、ちらほら空きスペースはあった。もちろん、もっと近づけば迫力は増すが、この場所でも十分に綺麗。それよりも上の子は怖がりで、ここからでも花火の音を怖がっていた。これ以上近くは当分無理そうだ…。屋形船越しに見る花火も、たまに鵜飼の船も通り、長良川らしくて風情があるかも知れない。
 


第58回全国選抜長良川中日花火大会(2014年7月26日)曇り時々晴れ    撮影位置
e0170058_191275.jpg

e0170058_1922348.jpg

e0170058_1924899.jpg

e0170058_1925537.jpg

e0170058_1931183.jpg
                           赤い炎は鵜飼船の軌跡
e0170058_1931672.jpg
                           ニコンV1 手持ち
e0170058_1932349.jpg
                           開始直後の僅かに明るい空で
[PR]

by nitibotuM | 2014-07-27 19:19 | 花鳥風月 | Comments(0)


<< 飛騨と上高地の旅 その1      付知峡 >>