尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 30日

広島旅行 その5

 不動院から原爆ドーム、平和記念公園へ。
 

 パスカル『パンセ』

われわれの惨めなことを慰めてくれるただ1つのものは、気を紛らすことである。しかしこれこそ、われわれの惨めさの最大なものである。なぜなら、われわれが自分自身について考えるのを妨げ、われわれを知らず知らずのうちに滅びに至らせるものは、まさにそれだからである。


 「気を紛らす」ことに明け暮れる現代人。日常生活に追われ、物が溢れ、情報が溢れ、「気を紛らす」方法に困ることはない。しかし、この場所はそれを許さない。この場所に立った時、私とは何かを考えずにはいられない。今を生き過去を捨てようとする現代人。自戒の念を込め、今一度私たちは過去を捨てることは出来ないと認識せねばならない。過去を断絶して今を生きることは出来ない。過去があるからこそ現在、未来がある。それを忘れるわけにはいかない。
 しかし、それでも私たちは「気を紛ら」わし続けるであろう。マックス・ヴェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を思い出す。

「精神のない専門人、心情のない享楽人。この無のものは、人間性のかつて達しえたことのない段階にまですでに登りつめた、と自惚れるだろう。」

 あらゆる物が溢れる現代、「気を紛らす」ことには困ることはない。しかし、今を生きる「精神のない専門人、心情のない享楽人」となった現代人は間違いなく岐路に立たされている。この国は遠くない未来にどうなっているのか。いや、この国だけではない世界がどうなっているのか。この場所に立った時、ファインダー越しにそう考えざるを得なかった。

 原爆ドーム、平和記念公園を後にして宮島へと向かった。

原爆ドーム、平和記念公園(2014年3月24日)晴れ    撮影位置
e0170058_15315122.jpg
e0170058_15315888.jpg
e0170058_1532467.jpg

e0170058_15321476.jpg
e0170058_15322263.jpg
e0170058_15322846.jpg
e0170058_15323570.jpg
e0170058_15324230.jpg
e0170058_15325028.jpg
e0170058_15325656.jpg
e0170058_1533241.jpg
e0170058_153386.jpg
e0170058_15331717.jpg
e0170058_15332596.jpg
e0170058_153331100.jpg
e0170058_1533384.jpg
e0170058_15334462.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2014-03-30 15:43 | 花鳥風月 | Comments(0)


<< 広島旅行 その6      広島旅行 その4 >>