尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 07日

旧豊田佐助邸

 豊田佐助は自動織機の発明で有名な豊田佐吉の弟になる。今回訪れた旧豊田佐助邸は、大正12年(大正4年の説もある)に建てられた洋館と和館からなる建物である。この名古屋市東区の一角は「文化のみち」と呼ばれ、以前訪れた「文化のみち二葉館」「文化のみち橦木館」などの歴史的建造物が現存しているエリアで、実際に見学することも出来る。
 ただ、旧豊田佐助邸は午後3時半に閉館してしまうので注意が必要だ。今回は午後3時過ぎに到着したので、早足で見学することになってしまったのは残念。ちなみに駐車場はないので、今回はすぐ近くの堀美術館にコインパーキングがあるので利用した。


旧豊田佐助邸(2014年3月6日)晴れ時々曇り    撮影位置
e0170058_18462823.jpg

e0170058_1846354.jpg
e0170058_18471358.jpg

e0170058_18472638.jpg
e0170058_18473310.jpg
e0170058_18474243.jpg
e0170058_18475149.jpg
e0170058_1848318.jpg
e0170058_1848975.jpg
e0170058_18481476.jpg
e0170058_18482224.jpg
e0170058_18483750.jpg
e0170058_18484230.jpg
e0170058_18485086.jpg
e0170058_18485825.jpg
e0170058_1849104.jpg
e0170058_18491790.jpg
e0170058_18492467.jpg
e0170058_1849355.jpg
e0170058_18494136.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2014-03-07 18:53 | 花鳥風月 | Comments(0)


<< 広島旅行 その1      名古屋陶磁器会館 >>