尾張名所図会を巡る

nitibotu.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 03日

信州中部を巡る旅 その7

 旧開智学校を後にして、本日の宿泊地である扉温泉の明神館に到着した。
 明神館は松本市内から少々離れた山の中にある。途中細い道や分岐があり、道があっているか心配になることもあるが、所々に案内板があるので、明るい内なら迷うことも無さそうだ。
 実際に到着してみると、周りには明神館以外何もなく、割りと小さな玄関が出迎えてくれる。この玄関まで車を着けると従業員の方が案内してくれ車を預かってくれる。そして、中に入ってみると玄関から想像していたよりも遙かに広い。確かに客室数も45と少なくはなく、宿泊客も夏休みではあったが平日にも関わらず、老若男女幅広く、その数も多い。
 明神館はもちろん子連れでも宿泊できるが、客室が制限されるのと夕食が懐石料理に限定される。ただ、懐石料理に限定はされているが、それでも十分、質、量ともに満足できる内容で美味しくいただけた。また、お風呂も深さ120センチあるという立ち湯を始め何種類かあり、それぞれに楽しめる。
 宿泊する前は子連れでは何かと迷惑を掛ける点もあるかと思ったが、各所で配慮していただいたり、全体的にサービスも良く、子連れでも問題なく宿泊することが出来、その価格にも十分に見合う内容であったと思う。したがって、明神館に宿泊するのを目的として、松本観光に訪れるというのも1つの選択肢としてありえるだろう。
 翌日は、明神館からそのままビーナスラインを進みニッコウキスゲの群生地へと向かった。




明神館(2013年7月25日)晴れ    撮影位置
e0170058_19295823.jpg
e0170058_1930936.jpg
e0170058_1930218.jpg
e0170058_19302988.jpg
e0170058_19303527.jpg
e0170058_19304571.jpg
e0170058_19305460.jpg
e0170058_1931325.jpg
e0170058_19311164.jpg
e0170058_19311744.jpg
e0170058_19312589.jpg
e0170058_19313718.jpg
e0170058_19314425.jpg
e0170058_19315419.jpg
e0170058_19321431.jpg
e0170058_19322051.jpg
e0170058_19322666.jpg
e0170058_19323571.jpg
e0170058_19324135.jpg
e0170058_19324991.jpg
e0170058_19325652.jpg
e0170058_1933265.jpg

[PR]

by nitibotuM | 2013-08-03 19:55 | 花鳥風月 | Comments(0)


<< 信州中部を巡る旅 その8      信州中部を巡る旅 その6 >>